画像中心、駄文失礼!犬とカメラをこよなく愛しています^^


by harunaphotoe-3
カレンダー

<   2008年 11月 ( 15 )   > この月の画像一覧

酉の市(三の酉)

昨日は酉の市に行ってきました。今年は三の酉まであるので火事には注意しましょうね♪
新宿の花園神社は熊手を求める人でごった返していました。
お祭りって良いですね〜。

c0169199_2274030.jpg
一年ってあっと言う間です。


c0169199_2285155.jpg
笑う門には福来る♪^^


c0169199_2292995.jpg
お手を拝借!


c0169199_2295767.jpg
来年も良い年でありますように。。。


<使用機材>
Olympus E-3+ZD ED12-60mmSWD
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-30 22:10 | E-3
昨日、イチョウを撮りに上野の恩賜公園まで行ってきました。
だけどまだ最盛期と言う訳では無く。。。ちょっと残念。^^;
でも青空がとても気持ち良かったですよ〜。

c0169199_23192238.jpg



c0169199_23201743.jpg
大道芸と紅葉


c0169199_23205779.jpg



c0169199_23212931.jpg
これは見事な色づきでした


c0169199_2322374.jpg
逆光ですが色とりどり^^;


<使用機材>
Photo1〜3...Olympus E-300+ZD ED9-18mm
Photo4〜5...Olympus E-300+ZE 14-45mm
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-24 23:24 | E-300

初もみぢ

あ〜久々の青空〜!!辛抱たまらず昼休みに公園で紅葉の撮影。
23区もようやく色が濃くなってきました♪
E-300には紅葉と青空がよく似合う!
でも、撮影前に大事件が!本当は9-18mmを持ち出すつもりが間違って3535macroを持ち出してしまいました。それで動揺したのかレンズを装着する時に手を滑らせて3535macroは放物線を描いてアスファルトに激突!!!orz
うわ!!やばい〜と思う私をよそに2バウンドしてしまいました。。。滝汗
慌てて拾い上げると。。。何と傷ひとつありませんでした。。。
その後ふつーに撮影しましたが。。。本当に大丈夫みたいです。。。E-Systemって本当に丈夫なんですね。。。
もちろん画像は落下後に撮りました。。。
注)全てのE-Systemで当てはまる保証は無いのでお手持ちのカメラボディ及びレンズでの衝撃テストはお止め下さい。。。^^;

c0169199_22361289.jpg



c0169199_22364486.jpg



c0169199_2237762.jpg



c0169199_22372282.jpg



c0169199_22375661.jpg



<使用機材>
Olympus E-300+ZD 35mmF3.5macro
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-19 22:40 | E-300
先日の赤坂「ぶん」でのライブの模様。その続きです。
個人的に没にするには惜しい絵があったので。。。^^;
E-3ユーザーの皆様!ご安心ください。E-3は決して高感度耐性に弱い訳ではありません。
設定を工夫すれば充分高感度撮影に耐えるだけのポテンシャルを持っています!!
この時の画像はほとんどISO1000で撮影しています。中にはISO2000まで増感していますが、のっぺり感もそれほどどぎつく無く私としてはかなり良い手応えでした。
初めてのライブ撮影でここまで頑張ってくれたので、後は私のウデ次第です。。。orz

c0169199_0204746.jpg
お店の名前がプリントされています。エスプリの効いたカードですね。^^


c0169199_0214165.jpg
お店の雰囲気伝わりますか?


c0169199_023240.jpg
この表情に歌詞のストーリーを感じます。さすが!


c0169199_0235393.jpg
若き日のアズナブールのピアノで歌うマスターの古賀さん(どちらも多分。。。間違っていたらごめんなさい。後で訂正するので誰か教えて下さい。。。^^;)


<使用機材>
Photo1,2&4...Olympus E-3+ZD ED12-60mmSWD
Photo3..........Olympus E-3+ZD ED50-200mmSWD
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-17 00:26 | E-3
一昨日は知人が出ているシャンソンのライブを見に赤坂に行って来ました。
E-3を使って初めてのライブ撮影です。
気持ちよく撮影を許可して下さった「ぶん」のママさんとオーナーの古賀さんどうもありがとうございました。
秋の夜長にシャンソンを。。。ちょっと大人な夜は素敵に更けていきました。

c0169199_22205362.jpg
シャンソン歌いの葛木希代美さんです。


c0169199_2222928.jpg
貫禄のステージ!


c0169199_22224084.jpg
しっとりとママさんが歌う素敵なシャンソン


c0169199_2223214.jpg
シャルルアズナブールのポスター。昭和レトロな感じがお店に溢れています。


c0169199_22241969.jpg
オーナーの古賀さん。シャンソン界では有名な方です。体調を崩されていましたが今は元気に歌っておられます!

<使用機材>
Photo1〜3...Olympus E-3+ZD ED50-200mmSWD
Photo4〜5...Olympus E-3+ZD ED12-60mmSWD
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-14 22:40 | E-3

暮色

一週間以上かけて山の手七福神の紹介をいたしました。皆さん長い間おつきあいいただきありがとうございました。001.gif
長文が続いたので今日は短めに。^^

七福神巡りが終わって家にたどり着いた時、ちょうど日が落ちきって夕暮れから宵の口にはいる絶妙な空模様でした。綺麗だったので記念に一枚。
ちなみにSS2.5秒。。。私の実力では限界でした。。。^^;(周囲はブレブレ〜♪)

c0169199_21391764.jpg



<使用機材>
Olympus E-3+ZD ED9-18mm
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-10 21:40 | E-3
新宿山の手七福神巡り最終日は布袋和尚さんです。
実はこの布袋和尚さん七福神の中で唯一人間として現世を生きた人です。
しかし霊験あらたかで雲と風を自在に操り天候を支配していたと言います。
またぼろぼろのうす衣のみを身に纏い乞食同然の姿で家々を周り食事と酒と宿を求めたそうです。
そこで布袋和尚の姿を見ても喜んでもてなしてくれた人には大きな福を授けたと言います。人を見た目だけで判断してはいけないと言う教えですね。

c0169199_19583458.jpg



c0169199_19585893.jpg



c0169199_19592258.jpg


[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-09 20:08 | 七福神
まるまる一週間にわたってお届けしてきた新宿山の手七福神巡りも残す所あと2カ所を残すのみ。
歌舞伎町にある鬼王神社に奉られている恵比寿さんです。
意外にも七福神で日本古来の神様はこの恵比寿さんのみ。大黒天、毘沙門天、弁財天は仏教(厳密にはヒンドゥ教)の神様でインド出身。布袋さん、寿老人、福禄寿は道教の神様で中国出身なんです。何故日本の神様が恵比寿さんのみなのかは定かではありませんが、七福神が民間で深く信仰されていたからなのかもしれないですね。
日本の神様は天神、地祇の違いはあれど天皇は神の写し身というのが昭和の第二次世界大戦終了まで信じられていたのでおいそれと民間人が気楽に日本の神様を崇めるというのははばかられたのかもしれません。
では、何故恵比寿さんだけはこれほど深く民間に浸透したのでしょう?私見ですがこれも恵比寿さんが背負った生い立ちの不幸からくる庶民の同情なのでは?と思います。
恵比寿さんの名前の表記は複数あります。
1.恵比寿
2.夷子
3.恵美須
4.蛭子
これみんな「えびす」と読みます。
特に4番目の「蛭子」の蛭はあの血を吸う「ひる」の事ですね。
恵美須さんの両親は「国生み」をされた「イザナギ命」と「イザナミ命」と言われていますが、この国生みの途中女性神である「イザナミ命」が男神である「イザナギ命」に声をかけ結ばれて出来た子供が恵美須さんです。ところが女性神が男神を誘惑するのは天律に触れるとされ生まれた子供を忌み子として「蛭子」と名付け泥の船に乗せ海に流したと言います。日本は神の世界も男尊女卑の風潮があるようです^^;
その後壱岐の島に流れ着いた蛭子さんですが其の時島人が発見したときには右手に鯛を持っていたとされ、その後海の神様として奉られる様になりました。言ってみれば非常に庶民派の神様なんですね。だから唯一日本代表の七福神に選ばれたのでしょう。
そんな恵美須さんですが、新宿歌舞伎町の恵美須さんにはちょっと面白いものがあります。
それは「水琴」です。お社の傍らにある禊場の脇に目印の付けられた石があります。その石に柄杓で水をかけ、すぐ側にある竹筒に耳をあてると美しい音色が聞こえてきます。
日本一の歓楽街である歌舞伎町にありながら中々に神気の高い場所であります。^^

c0169199_2363441.jpg



c0169199_2365784.jpg
恵美須さんののぼり


c0169199_2372838.jpg
もしかしたらこの猫ちゃんが歌舞伎町の主かもですね。。。


<使用機材>
Olympus E-3+ZD ED9-18mm
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-08 23:10 | 七福神
山の手七福神巡りも後半戦に突入〜♪です。
今回は福禄寿。
前回の寿老人さんの時にお話した通り中国の道教の神様です。元々は福(幸福)禄(食料)寿(長寿)を司る三つの星を統治する道教の最高神でもあります。(お名前もこの三つの星から来ています。)
万物の生(誕生)を司ると言われる南極星の象徴でもあり、南極老人の別名でも呼ばれています。
寿老人さんは福禄寿さんの三つの星の一つ「寿星」が単独で神格化した後に日本に伝わったとされています。なので別の神様のようですが実は一体なのであります^^
きっと宝船で協議した上海の上から別の神様を迎え入れるのも大事なので福禄寿さんが「よっしゃ!それなら!」と寿老人さんを呼び出してお仲間にしたのでしょうね。^^
c0169199_20342196.jpg



c0169199_2035567.jpg
何だか煽りレンズで撮ったみたいです。楽しいですね。^^


c0169199_20354834.jpg
こちらはちゃんとお社が外にありました。^^


<使用機材>
Olympus E-3+ZD ED9-18mm
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-07 20:36 | 七福神
山の手七福神巡りも折り返し地点になりました。今回は寿老人。
もしかしたら一番七福神の中で思い出しにくい神様かもしれませんね。。。^^;
寿老人は道教(中国)の神様です。七福神もう一人の道教の神様の福禄寿さんと実は同一の神様と言われています。
ではなぜ福禄寿さんがいるのに寿老人さんが七福神が加わったのでしょう?
それは昨日紹介した弁財天さんが原因です。
焼きもちを焼いてついには吉祥天さんを宝船から突き落としてしまったお転婆な弁財天さん。船の中の他の5人の神様同士で協議が行われました。其の結果再び弁財天さんがやけを起こさない様にするにはどうすればいいか?
そうだ!年寄りの神様が加わればもう争いが起こる事もないだろう!
。。。と誰の提案かは分かりかねますが、そういう結論に達し中国より寿老人様が宝船に乗船する事となったのでした。^^
元々がもめ事を避けるために加わった神様なのであまり存在感が大きいのも考えもの。。それ故に地味〜な存在になってしまったのでしょうか?
意外と神様も大変なんですね〜
この寿老人さんはお社がある訳では無くお寺の別棟の中に鎮座ましますようで一旦呼び鈴を鳴らして中に入れてもらってお姿を拝んでもとても写真撮影の許可などおりそうも無かったので境内の庭で揺れていたすすきと紫式部を撮りました。^^

c0169199_20333990.jpg



c0169199_20341838.jpg
右下の屋根のある建物の中に寿老人様が居ます


c0169199_2035078.jpg
寿老人さんさながらいぶし銀のすすきですね^^


c0169199_20354127.jpg
こちらも控えめな美しさの紫式部です


<使用機材>
Olympus E-3+ZD ED9-18mm

<E-30発売記念キャンペーンはこちら>
http://fotopus.com/campaign/c081105b/
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2008-11-06 20:39 | 七福神