画像中心、駄文失礼!犬とカメラをこよなく愛しています^^


by harunaphotoe-3
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

MESHサポート

救命救急医療、ER、Code Blue...一度はテレビでご覧になった方もおいでかと思う。
命がけで命を救う過酷な現場だ。
大都市圏では救命救急の看板を降ろす医療機関が少なく無いと言う。
それほど、救命救急医療を支える人手は足りていないのが現状だ。
沖縄、北海道、九州など数多くの離島を抱える県は島に医療機関が無い場合も多く、過疎化と高齢化が進み事態は猶予を許さない。
1秒を争う...それが命の現場だ。

ここにMESHと言うNPO法人がある。
沖縄に本拠を置くドクターヘリを派遣する組織だ。
周囲を海で囲まれた小さな島が点在する沖縄県では地続きでは無い医療機関に患者を搬送するためにドクターヘリはとても重要な役割を担っている。
年間に約250件もの出動要請が寄せられる。
そしてドクターヘリを飛ばすのに必要な費用は月額約1,000万円ほどだ。

NPO法人であるが故にMESHの運営維持費の多くは国民の寄付金で賄われている。
そのMESHが今財政難に陥っている。
今後、運営資金が調達出来ない場合、この3月をもってMESHの活動は休止せざるを得ない事態になっている。

必要なのは皆さんの善意だ。それ以外にMESHを維持させる手だては無い。

ボランティアや寄付は恥ずかしくてちょっと。。。でも構わない。一口だけでも良い。命を救う活動を支えてもらえないだろうか?
恥ずかしくても良いじゃないか。
あなたのそのささやかな善意は沖縄に住むオジィやオバァの明日に繋がるかもしれない。
消えてしまうかも知れない幼い命を未来に繋ぐかもしれない。

灯された命の火を守り続ける活動にあなたの力を貸して欲しい。

寄付金は一口1,000円からだ。
詳細は
http://www.meshsupport.net/
で確認をお願いします。
[PR]
by harunaphotoe-3 | 2011-02-16 23:06